糖化と抗酸化

アンチエイジングと糖化について

抗老化医学、いわゆるアンチエイジングを考えた際に耳にする言葉の一つに『糖化』があります。糖化とは、体内のタンパク質と、食事などから摂取された糖が体内で反応し、タンパク質がAGEという糖化最終生成物に変化することです。

 

AGEに変化してしまったタンパク質は、もうタンパク質とは呼べないような状態で、本来体を作り支えている組織をもろく壊れやすい状態にしていきます。

 

それによって、多くのタンパク質で出来ている血管や筋肉や肌が、どんどん劣化し、体の不調や老化を加速させていくのです。特に、肌はとても多くのタンパク質で出来ています。

 

肌の表面を覆う表皮の下にある真皮の中のタンパク質の中には多くのコラーゲンが含まれています。コラーゲンは肌のハリと弾力を出す為には欠かせない成分で、コラーゲンの現象はシミやたるみに繋がっていきます。タンパク質が変化するAGEは、当然そうしたコラーゲンの組織も破壊していく事になり、それにより肌はハリや弾力を失い、どんどん老化が進行していくのです。

 

ですから、アンチエイジングを考えるのであれば、このAGEを増やさない事が大切になってくるのです。AGEを増やさない為に大切な事は、糖を過剰摂取しない事です。糖は体にとって大切なエネルギー源ですから、全く取らないというのは良くありません。気を付けるのは摂り過ぎない事です。そして、血糖値の急上昇を防ぐ食べ方を心がける事も効果があります。

 

野菜、肉や魚、炭水化物、この順番でゆっくりよく噛んで食べると、それだけで血糖値の上がり方が緩やかになります。この他に、オススメなのは運動をする事です。ウォーキングなどの有酸素運動をする事で、筋肉が糖を消費してくれます。糖を摂り過ぎと感じていたらまずは日常的に歩く事を心がけるようにするといいでしょう。ハーブティに抵抗がなければ、カモミールティや、どくだみ茶等も、糖化を抑える働きがあるのでお勧めです。アンチエイジングをしっかり考えた際は、こうした糖化についても考えておく必要があります。